抜け毛 病院

プロペシアの育毛への効能

プロペシアとは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認められている飲む育毛剤です。

 

 

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンという成分が酵素により変化した物質、男性型脱毛症の最大で最強の原因であると言われている男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の働きにより起こります。

 

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は皮脂腺の受容体と結び付き、余剰に皮脂を分泌させるため毛穴を防ぐことで毛髪の成長を妨げ完全に毛髪が成長しきらないうちに脱毛してしまいます。

 

 

これによって髪の発毛のサイクルが崩れてしまい禿げてしまうのです。

 

 

この酵素の働きをプロペシアの主成分であるフィナステリドによって抑えることで抜け毛を防ぐのです。

 

 

有効成分フィナステリドは、元は前立腺肥大症の治療薬の副作用で服用者による「体毛が濃くなった」などの報告が多数あったことにより、男性型脱毛症(AGA)に生かせないかと研究が進められ現在、AGA治療に効果があると認められています。

 

 

世界の60か国以上で認められている医薬品成分であり、FDA(米国食品医薬品局)によってプロペシアも治療薬として公認されているので育毛の有効性・安全面にも大いに期待できます。