プロペシア初期脱毛

初期脱毛はほとんどみられない男性型脱毛症用薬プロペシアの特徴

男性の頭髪にみられる脱毛症を男性型脱毛症(AGA)といいます。

 

 

AGAは加齢と共に起こりやすい脱毛症で、原因はいくつか考えられていますが、遺伝、生活習慣、男性ホルモンの影響によるとされています。

 

 

AGAは放置しておくと進行していきます。

 

 

「年齢のせいだから髪が薄くなるのは仕方がない」と思う人もいるかもしれませんが、AGAの治療を行うことで脱毛の進行を抑制することは可能になります。

 

 

AGAが起こるメカニズムは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが2型5-α還元酵素によって頭髪の生育を妨げるジヒドロテストステロンに変換することで起こります。

 

 

一般に2型5-α還元酵素を多く持つ家系はその体質が遺伝するとも言われており、そのために生まれつき脱毛が起こりやすくなるとされていますが、脱毛というのはいくつかの要因が重なり合って起こるものなので、必ずしも父親や祖父の髪が薄かったら子どもや孫も脱毛が起こるとは限らないので、あまり心配しすぎないほうが良いでしょう。

 

 

もし脱毛が気になる場合には専門のクリニックを受診することをおすすめします。

 

 

AGAの場合には、2型5-α還元酵素のはたらきを抑制する作用を持つフィナステリドという成分の薬が処方されることがあります。

 

 

日本ではプロペシアという商品名で販売されています。

 

 

プロペシア 初期脱毛の副作用がほとんどなく、有名芸能人や男性アイドルも服用しています。

もともとは前立腺肥大症の原因となるジヒドロテストステロンを抑制するために開発された薬で、前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として用いられている薬です。

 

 

研究によってフィナステリドに脱毛作用を抑制する効果があることが分かったためにAGAの治療薬として用いられるようにもなりました。

 

 

プロペシアは男性の脱毛のみに効果が期待できる薬ですので、女性には効果はありません。

 

 

また、妊娠中または妊娠の可能性がある女性や授乳中の女性はこの薬に触れてはいけません。

 

 

プロペシアを服用してもよいのは健康な成人の男性になります。

 

 

未成年の男性がこの薬を服用することもできません。

 

 

未成年の男性の体には作用がきつすぎるため危険だからです。

 

 

使用上は医師の指示に従って正しい方法で取り扱いましょう。

 

 

プロペシアには脱毛を抑制する作用があり、育毛剤とは異なる薬なのですが、継続して使用していくと脱毛を抑えるだけでなく新しく髪が増えてきたり太くて丈夫な髪の毛が生えてくるという効果も期待できるようです。

 

 

医師の処方が必要になる薬ですので、まずはAGA外来などのクリニックを受診してみてください。

 

プロペシア初期脱毛でAGAを治療しましょう

AGA(男性型脱毛症)という言葉はテレビCMなどでも耳にする様になり、広く一般に知られる様になりました。

 

 

これは、文字通り成人男性に見られる薄毛の症状をさす言葉です。

 

 

AGAに悩む男性は非常に多く、日本全国で1200万人以上と言われています。

 

 

また、AGAは進行性があることから、早い段階でのケアが必要です。

 

 

薄毛に悩む方の中には、「もう髪が生えることはない」と、なかば諦めてしまっている方もおられるかも知れません。

 

 

ですが、AGAの方は毛根が残っているケースが多く、適切な処置をしていくことで再び髪を生やせる可能性があるのです。

 

 

髪が薄くなるのは、抜け毛の量よりも再生産が出来ていないことによる要素が大きく、うぶ毛の段階から髪の毛の状態まで育たずに抜け落ちてしまっていることが多いのです。

 

 

もう一度うぶ毛から、太く長い毛髪に育てることが出来る様になれば、薄毛は改善できます。

 

そして現在はAGA治療を行っている医療機関は増えているのです。

 

 

さて、何故うぶ毛が髪の毛に成長できなくなってしまうのでしょうか。

 

 

実は、その原因は男性ホルモンにあります。

 

 

その原因となっている男性ホルモンは、ジヒドロテストステロンというものです。

 

 

AGAの方の脱毛部には、このジヒドロテストステロンが多量に見られることがわかっています。

 

 

もともとテストステロンは男性にとって重要なホルモンです。

 

 

行動力の元になり、骨格の成長などを促します。

 

 

ところが、テストステロンが5αリダクターゼ酵素酵素によって変換され、ジヒドロテストステロンとなると、精力の減退などを引き起こしてしまいます。

 

日本で処方されるプロペシアは30日分で約9000円

ジヒドロテストステロンは皮脂を過剰に分泌させ、毛髪を成長しにくくさせます。

 

 

また、髪が成長する前に抜け落ちさせてしまいます。

 

 

これにより発毛のサイクルが乱れて薄毛になってしまうのです。

 

 

これを逆手に取れば、テストステロンを変化させてしまう5αリダクターゼ酵素の働きを妨げれば薄毛は改善できるということになります。

 

 

この5αリダクターゼ酵素の働きを抑える薬がフィナステリドです。

 

 

このフィナステリドを成分とするAGA治療薬にプロペシアがあります。

 

 

プロペシアは全国のAGA治療を行っている医療機関で処方されていて、薄毛治療を代表する薬品となっています。

 

 

錠剤であり、通常は一日一回、決まった時間に服用するのが効果的だとされています。

 

 

現在l、プロペシアは保険の適応外となっています。

 

 

医療機関で処方される他に、個人輸入などで手に入れる方法もあります。

 

 

尚、取り扱いに関して、男性用のホルモン剤ですので未成年や特に女性の方は絶対に服用しない様に注意して下さい。

 

プロペシアの服用で薄毛を防止しましょう

人間、年齢を重ねると共にいろいろな悩みを抱えるようになって来ることがあります。

 

 

それは生活習慣病のように、普段の生活状態が乱れることによって起きるようなこともありますが、髪の毛が自然に抜けて来るような自分ではどうしようもない現象も起きて来ることもあります。

 

 

この髪が抜ける状態と言う姿は、男性が多い訳ですが、これらは俗に言う男性型脱毛症であり、これが今世間で広く言われる「AGA」と言われるものです。

 

 

この男性型脱毛症の多くは前頭部の髪が後退してきたり、頭頂部付近の髪のボリュームが少なくなることで、地肌が直接見えて来るような状況になって来ることが目立つようになると言われます。

 

 

このような状況に陥る男性は非常に多く、なんと日本国内でこの悩みを持つ方が、約1260万人もいます。

 

 

では、この男性型脱毛症と言われるもの、どうして起きて来るのでしょう?

 

 

原因の多くは、遺伝や男性ホルモンが影響していると言われます。

 

 

以前ですと、髪が薄くなった時点で髪の毛を元に戻すことなどは不可能と誰もが諦めていたのですが、最近ではすっかりと様変わりしたのが髪の育毛でしょう。

 

薄毛の救世主・ハゲ治療の王道のお薬!

そのAGAの代表的な治療薬として、飲む薬「プロペシア」が誰からも知られる存在になっているのでした。

 

 

このプロペシア、本来ですと前立腺肥大の治療薬として開発された薬品だったのですが、研究を重ねた結果AGAの治療にも効き目があることが判りました。

 

 

そのことから、平成9年、FDAにAGA治療薬として認可されました。

 

 

FDAとは、アメリカの食品医薬品局のことです。

 

 

日本でも臨床試験が行われ、一年間服用した結果が出ているのです。

 

 

そこで薄毛改善の効果は、約60%と言う大きな結果が出た上に、薄毛の進行を留める効果は、100%近い数字になって表れています。

 

 

そしてその効果を得るには、長期間の服用が必要で半年以上の持続で効果が上がって来ると言われるまでになりました。

 

 

髪が成長するにはかなり時間がかかることも多い訳ですから、数ヶ月の服用で諦めることなく、半年、1年と続けることが維持向上にも繋がるのです。

 

 

このようにしてプロペシアは、髪の毛で悩む方にとって救いの神のようになって来ているのですが、髪の毛が汚れ放しであるとか、頭皮を大事にしないまま放っておくとかしているとせっかくの効果も薄くなってしまいます。

 

 

プロペシアを服用することだけに頼らず、常に清潔にしておくことと、頭皮のマッサージも忘れないようにしましょう。